小学生の高学年になった辺りから、ムダ毛を気にするようになりました。最初は、腕の毛が周りの友達よりもふさふさと生えてるのが嫌で仕方ありませんでした。けれど、私は結構な色黒だったので、遠目から見る分には目立たないよと母に言われ、カミソリで剃りだい気持ちを何とか押さえ込んでおました。しかし中学に上がると、やっぱりムダ毛があるのがとても恥ずかしく感じる年頃になり、どうしてもカミソリで毛を剃りたくなりました。

母には内緒で剃っていたのですが、余りにも風呂に入ってる時間が長い事で、あっさりとカミソリを使っていたのがバレてしまいました。カミソリでムダ毛の処理をすると、毛が濃くなるから辞めなさいと言われました。でも、それはもう手遅れな話しで、毎日剃っていたので、剃らないと余計に目立つのです。

あの頃はまだ脱毛サロン(参|渋谷 脱毛 口コミ)なんて主流ではなかったので、今は学生のうちから通える脱毛サロンが増えているのがとても羨ましいです。カミソリを禁止された私は、顔の産毛を剃る電気シェーバーでムダ毛処理を始めたのですが、ミミズ腫れが出来てしまい、ムダ毛処理は断念していたのです。

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top